子育て

材料は100均とドラッグストア!子どもと楽しく作るスノードーム

2021年5月9日

ママ友はなさん

今度、子ども達とスノードームを作ろうと思うの。

でも初めてだから、材料は何が必要かな?

上手く作るアドバイスがあったら教えてほしいな!

オッケー!まかせてよ!

初めて作ったけど、意外と簡単に短時間で出来たし、

子どもも大人も楽しい時間を過ごせたよ。

まる

上手に作るためのアドバイスもあるから、わかりやすく解説しますね。

本当に簡単なので、夏休みの宿題などにもピッタリです。

 

今回は蓋が上バージョン、下バージョンの2パターンを作りました。

子どもたちは、デザインがしやすい「蓋下バージョン」がおすすめ!

下の方に完成作品があるので、参考に作ってみてね。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、好きな形で作ってみよう。

 

スノードームの材料は100均やドラッグストアで揃う

材料の紹介

左上から、

・ビン(今回は容量250mlのものを使用、100均で購入)

・精製水(ドラッグストアで¥150くらいで買えます)

・洗濯のり(家にあったので、今回はこれをつかいました)

※洗濯のりだと若干の濁りがあるので、1番は「グリセリン」がおすすめ

グリセリンはドラッグストアで購入可能

・メラミンスポンジ(100均で購入)

・耐水性の瞬間接着剤(100均で購入)

中に入れる飾り達です。

今回は造花やマスコットを用意しました。マスコットは耐水性のものを選ぶといいです。

水中で舞うキラキラは、ネイル用のホログラムがオススメです。

または、星型などのスパンコールなどもいいと思います。

手作りスノードームの作り方を教えます

メラミンスポンジを瞬間接着剤で貼り付けていきます。

※接着剤を使う作業は必ず大人の方がやってくださいね!※

蓋が上バージョンの人は瓶の中に貼ります。下バージョンの人は蓋に貼ります。

ある程度の厚みがあった方が、刺して飾りたいものがある場合安定します。

蓋が下の人は、蓋全体にスポンジを貼るのではなく、余裕を残してください。

スポンジにマスコットを接着剤で固定する

瞬間接着剤でマスコットを固定していきます。

今回はマスコットが大きかったので、あまり装飾は出来ませんでした。

造花などを使う場合も、ちゃんと接着剤で固定させてくださいね。

瓶にラメと液を入れて完成です!

もうすぐ完成しますよ!お次は瓶の中にホログラムを入れていきます。

ホログラムは多めに入れた方がきれいに舞いますよ。お好みでどうぞ。

 

そのあとは液をいれます。精製水と洗濯のり(またはグリセリン)を混ぜ合わせます。

2つの割合は精製水7:洗濯のり3の割合で混ぜます。

蓋が上のバージョンの人は、混ぜた液を淵のギリギリまで注いでください。

蓋が下のバージョンの人は、液をいっぱい入れた状態でマスコットがついた蓋を閉めると、

溢れる可能性があるので、9分目まで注いで蓋をかぶせ、かぶせた隙間から液をギリギリまで入れてください。

最後に接着剤で蓋を固定したら完成です!!

 

子どもとスノードームを作る際のアドバイスと注意点

こちらが完成品です!初めてにしてはかわいくできました。

これからスノードームを作る方へのポイントはこちらです。

ポイント

・その①:子どもが作る場合は蓋が下になるバージョンの方がデザインしやすい

・その②:マスコットなどは耐水性の接着剤で固定しよう

・その③:洗濯のりは濁りがあるので、きれいさを目指すなら「グリセリン」がいい!

ペンギンは娘たち、シロクマはまるの作品です。

きれいに舞うホログラムに興奮した私は、あまりにバシャバシャ振りすぎて、

固定してなかった造花が取れてしまう始末。蓋を固定した後だったので修正きかず・・・泣

でも楽しくできたので、満足しました!

 

蓋が上のバージョンは瓶の中に固定したスポンジにマスコットを固定するので、

瓶の中に手を入れて、デザインします。これが少々辛かった。

なので、子どもたちには蓋が下になるバージョンの方が楽に作れます。

 

すぐに材料を調達出来て、簡単に出来るので、

子どもの夏休みの宿題や、週末何やろう~と考えているママパパへおすすめです。

世界に一つだけのスノードームを作ってみてはいかがでしょうか?

 

-子育て

© 2021 しゅふららら Powered by AFFINGER5